お知らせ・行事予定

(ちょこっと説法)地獄へようこそ!

地獄はどこにありますか?と聞くと、

地面を指差し、

「下の方かな?」という曖昧な回答が返ってきます。

下の方とはどこでしょうか?

昔、理科で習いました、

地球の下はマントルと呼ばれる厚い外殻に包まれ、

さらにその下には地球の核がある。

では、マントルが地獄なのか?地球の核が地獄なのか?

そのまま突き抜けて、裏側の国、ブラジルが地獄なのか?

そんなわけはないですよね。

まず、そもそも地獄とはどんな世界なのでしょうか?

地獄には8つの種類があります。

①等活地獄(生前、殺生をした人が堕ちる)

②黒縄地獄(生前、殺生・窃盗をした人が堕ちる)

③衆合地獄(生前、殺生・窃盗・淫行をした人が堕ちる)

④叫喚地獄(生前、殺生・窃盗・淫行・飲酒をした人が堕ちる)

⑤大叫喚地獄(生前、殺生・窃盗・淫行・飲酒・妄語をした人が堕ちる)

⑥焦熱地獄(生前、殺生・窃盗・淫行・飲酒・妄語・邪見をした人が堕ちる)

⑦大焦熱地獄(生前、殺生・窃盗・淫行・飲酒・妄語・邪見・強姦をした人が堕ちる)

⑧無間地獄(生前、殺生・窃盗・淫行・飲酒・妄語・邪見・強姦・僧侶を殺害した人が堕ちる)

この8つが地獄です。

罪を犯した順に堕ちる地獄、またその厳しさが増して行きます。

⑧無間地獄に関しては罪のロイヤルストレートフラッシュです。

無限にも等しい時間、気が遠くなるほど、長い時間、地獄から抜け出すことができません。

全て地獄を説明すると物凄く長くグロテスクなので、

⑤大叫喚地獄を説明しましょう。

この地獄は前述の通り、生前、殺生・窃盗・淫行・飲酒・妄語の罪を犯した人が堕ちる地獄です。

読んで字の如く、大叫喚地獄、泣き叫ぶほどの苦しみが与えられるそうです。

地獄には鬼がいます。

その鬼に体をバラバラに引き裂かれて、

それぞれの部位を熱々の網の上で焼かれます。

また、地獄の蛇に内臓を食いちぎられたり、

鬼に溶かした鉄の湯を飲まされたりとやられたい放題です。

よく嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれると言われますが、

この大叫喚地獄では舌を抜かれるどころか、

抜かれた上で焼かれるところまでやられます。

想像しただけでもきついのが目に浮かびますね。

地獄はしばらくするとまた体が元に戻るので、

バラバラになったとて、

同じ苦しみをまた味わわなければ、なりません。

これは氷山の一角であり、

こんな地獄が8つもあると思うと恐ろしすぎます。

さて、地獄旅行はこのくらいにして、

地獄はどこにあるのでしょうか?

問題に戻りましょう。

これは少し想像力が必要になります。

よくよく頭で想像すると自分の死後がどうなるかが見えてきます。

まず、我々の体の多くは水(水素、酸素)が80%を占めて、残りは皮膚や骨などを構成している炭素です。

一般的には今の世の中、火葬が多いので、

私達は火にかけられて骨だけになります。

そして、その骨はお墓に埋められて土に還ります。

では骨以外の私はどこに行ったのでしょうか?

私の体を構成していた水分(水素、酸素)は?

焼けてしまった皮膚は?

私はバラバラに立ってしまいました。

バラバラになった私のある水分は水蒸気となり、火葬場の煙突から出て行きます。

水蒸気ですから、ある地点で雲になります。

私の一部はというか、私は雲になったのです。

その雲(私)は雨を降らせます。

雨は海に落ちて魚の栄養になったり、大地に落ちて草木の栄養になったり、川に落ちて人の飲み水になったりします。

私は雲になり、雨になり、魚になり、草木になり、人に変わったのです。

ちょっと想像力がいる話でしたね。

この話を元にすると、

もし、今の流れで、川に落ちた水(私)を牛が飲んだとします。

その牛の栄養になった私、牛が私で、私が牛で状態です。

その牛、実は酪農されている牛で、出荷が決まっています。

数日後、牛(私)は体がバラバラに引き裂かれ、

焼肉屋さんに運ばれて行きました。

牛(私)はタン、ロース、カルビ、ハラミ、

様々な部位に分けられ、熱い熱い網の上で焼かれます。

焼いているのはお腹を空かした人間かはたまた鬼か?

そんなことは考える間も無く、焼かれ食べられて行くのです。

地獄はどこにあるか?

もしかしたら、目に見えるこの世界にあるかもしれませんね。

今、目に見えている生き物、牛、豚、鶏、草木、

もしかしたら元は人間なのかもしれません。

地球の重さは誕生の46億年前から変わっていません。

つまり死んだからと行ってどこかに体が行くわけでもありません。

地獄は何も違う世界にあるわけではないのです。

今見てる世界に死後の世界もあり、

地獄もあるということなのです。

今も死後の世界

戻る